国内不動産の地価について

10月 11th, 2014
7. 

日本の不動産投資なのですが、非常に安定感が無いとして最近は敬遠されがちな銘柄となっています。その分リターンは大きいのですが、いつになれば土地の価値が上昇するかは不明瞭であり、維持コストもバカに出来ないというのが人気が下がっている理由といわれています。

そんな背景がありまして、最近の不動産投資は難しいというイメージがあるのですが、ここは海外不動産に注目して欲しいと思います。土地の値動きには流れというものがありまして、勢いのある国の場合、どの土地を買っても将来的に利益を出しやすいという法則があります。リーマンショックの時に、日本の地値が下がり海外企業に買い叩かれた事が問題視されましたが、それと同じように国外では今が土地を買い時という国もあるのです。

その様な事情がありまして、海外不動産への注目度が今投資家の間で高まっているのです。特に現在発展途上国とされている国では、目まぐるしい勢いで街の近代化が進んでいます。その近代化は、かつてアメリカや日本が築いてきた足取りの模倣といえますので、街の発展は容易に進んできています。それに比例して上がる地価を考えますと、海外不動産はまさにお宝銘柄といえるでしょう。

Noted down in 投資情報    |    Permanent link